稲川淳二さん 黒の長財布の他にも茶色の硬貨専用巾着袋を

公開日: 更新日:

 稲川さんはお金の失敗談(?)に事欠かない。多くはマネジャー絡みだ。

「どこに出しても恥ずかしい“アンジョウ”っていう当時のマネジャーがいたんです。そいつがロケ後、車の中で待っていた事務所のスタッフを誘って食事に行ったんですよ。そうしたら車に鍵をかけてこなくて、中にあった財布や小銭が全部なくなっていた。総額40万円くらいだったかな」

 もう一人は、坊さんも警察官もだます“詐欺師のガンちゃん”。バリ島に行った時、こんなエピソードもある。

「普段は質素な生活をしているんですけど、私はたまに衝動買いすることがあるんです。バリに行った時に3メートルくらいの木彫りのヤシやバナナの木が欲しくなって、総額300万円くらいで5、6本を購入。そんなもの、船でしか運べないから、観光もしないで梱包する作業をしてたら、ガンちゃんが1メートルを超える木製の獅子みたいな仏像を現地の方に勝手にサービスしてもらっていた。で、どうするのか聞いたら『座長、これ神様なんですって。宗教開きません?』って。もう参るよ(笑い)。うちはそういうマネジャーたちだったから、危なくてしょうがないし、何があるか分からない。だから、現金を持ち歩くんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ローン3億6千万円…海老蔵は麻央さんと思い出の豪邸売却へ

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    小池知事よこしまな思惑 宣言“期間設定”背景にバッハ会長

  5. 5

    「バッハさん東京に来ないで!」小池知事が白旗を上げる日

  6. 6

    ファイザーと合意書を交わしたわけではない?子供の使い?

  7. 7

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  8. 8

    変異株の学校クラスター 豊中の小学校“陽性率1.5%”の衝撃

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    吉村氏言い訳に躍起 2月変異株確認も早期宣言解除を正当化

もっと見る