「焼酎スタイリスト」オススメ 鹿児島30~40代蔵元の5銘柄

公開日: 更新日:

 今週の執事は、ファッションスタイリストやカラーコンサルタントとしても活躍しているyukikoさん。「焼酎スタイリスト」という珍しい肩書も持っている。

「スタイリストは、クライアントとお客さまの間を橋渡しするのが仕事だと思います。その商品や製品の魅力を分かりやすく伝えるためにスタイルを整えるわけですね。それで焼酎の生産者と生活者をつなぐ活動のときは、『焼酎スタイリスト』としているんです」

 そんな執事が取り上げるのは、知識も経験も蓄えた活気ある40代前半の蔵元が出している鹿児島の本格焼酎だ。

「鹿児島のローカルな焼酎文化を全国に広めたのが『佐藤』『白波』『宝山』といった本格焼酎です。これらの銘柄は、2004年ごろがピークの焼酎ブームを牽引しました。今回は、そんな“お兄さんたち”の背中を見て育った世代が手掛ける本格焼酎を紹介します。ぜひ、個性豊かな次世代の銘柄を味わってください」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  7. 7

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

  10. 10

    ラグビー日本代表 2023年W杯への若手育成阻む「2つの壁」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る