「焼酎スタイリスト」オススメ 鹿児島30~40代蔵元の5銘柄

公開日:

 今週の執事は、ファッションスタイリストやカラーコンサルタントとしても活躍しているyukikoさん。「焼酎スタイリスト」という珍しい肩書も持っている。

「スタイリストは、クライアントとお客さまの間を橋渡しするのが仕事だと思います。その商品や製品の魅力を分かりやすく伝えるためにスタイルを整えるわけですね。それで焼酎の生産者と生活者をつなぐ活動のときは、『焼酎スタイリスト』としているんです」

 そんな執事が取り上げるのは、知識も経験も蓄えた活気ある40代前半の蔵元が出している鹿児島の本格焼酎だ。

「鹿児島のローカルな焼酎文化を全国に広めたのが『佐藤』『白波』『宝山』といった本格焼酎です。これらの銘柄は、2004年ごろがピークの焼酎ブームを牽引しました。今回は、そんな“お兄さんたち”の背中を見て育った世代が手掛ける本格焼酎を紹介します。ぜひ、個性豊かな次世代の銘柄を味わってください」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    日清食品が駅伝撤退の波紋 錦織&大坂との巨額契約も負担か

もっと見る