「焼酎スタイリスト」オススメ 鹿児島30~40代蔵元の5銘柄

公開日:

 今週の執事は、ファッションスタイリストやカラーコンサルタントとしても活躍しているyukikoさん。「焼酎スタイリスト」という珍しい肩書も持っている。

「スタイリストは、クライアントとお客さまの間を橋渡しするのが仕事だと思います。その商品や製品の魅力を分かりやすく伝えるためにスタイルを整えるわけですね。それで焼酎の生産者と生活者をつなぐ活動のときは、『焼酎スタイリスト』としているんです」

 そんな執事が取り上げるのは、知識も経験も蓄えた活気ある40代前半の蔵元が出している鹿児島の本格焼酎だ。

「鹿児島のローカルな焼酎文化を全国に広めたのが『佐藤』『白波』『宝山』といった本格焼酎です。これらの銘柄は、2004年ごろがピークの焼酎ブームを牽引しました。今回は、そんな“お兄さんたち”の背中を見て育った世代が手掛ける本格焼酎を紹介します。ぜひ、個性豊かな次世代の銘柄を味わってください」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    マルチ商法「ジャパンライフ」にチラつく安倍政権との関係

もっと見る