甘酒、梅干し…熱中症&夏バテで死なない“最低限”の食生活

公開日:

 日本列島は「災害級の暑さ」。国民は熱中症と夏バテの危険にさらされている。「スポーツドリンクを飲め」とか「体を冷やせ」などと予防策が語られているが、実は飲み物と食べ物を少し変えるだけで猛暑を乗り切ることができるのだ。

 では、いったい何を食べればいいのか――。

「この殺人的な暑さを克服するには従来の常識を捨て去ることが大切」とは医学博士の米山公啓氏だ。「減塩せよ」「食事は腹七分目で」と医師からストップをかけられている人も自由に飲み食いしていいという。

「おすすめの食事は牛丼、カツ丼などの『どんぶりモノ』です。食欲がなくても、タレがご飯にしみておいしいし、汁気もあるので食べやすい。ごはんはブドウ糖に分解されて脳に送られるから頭がボーッとしないし、全身にブドウ糖が補給されることによってエネルギッシュに動けます。牛丼は食べやすいツユダクがいいでしょう。カレーライスも香辛料によって食欲が増進する重要メニュー。ダイエット中の人も野生のライオンのように、食べられるときに食べておくことです。そうしないと夏バテや熱中症を予防できません」(米山公啓氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る