憧れの田舎暮らしが“悲劇の楽園”に変わるまで

公開日:

「ウッドデッキ付き平屋の別荘が280万円。白樺の木々に囲まれ、夜は満天の星。夢が広がりましたね」

 東京・西大島に住む60代前半の男性はこう振り返る。前職は大手百貨店勤務。数年前、1年分の割増退職金を受け取って早期リタイアした。

 箱根、伊豆、三浦、湯沢、白浜、草津。バブル前後に建設されたリゾート物件の価格が、大幅に下落している。専門誌「田舎暮らしの本」の物件情報を見ると、群馬県嬬恋村の2LDKマンション(温泉大浴場付き)が230万円、静岡県東伊豆町の1LDK(屋外プールあり)が198万円、長野県小諸市の一軒家(土地109坪)は120万円と、数十万円から300万円も出せば、立派な別荘が買えてしまう。その際、「フラット35」でローンを組んでもいいが、これくらいなら退職金の一部でも十分に賄える。

 テレビ朝日系「人生の楽園」という番組に憧れたという男性も、300万円ほどで甲信越地方の一軒家を購入。これが悲劇の始まりだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る