• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

なんと4割が移住希望 「地方支社開設」は若手社員が喜ぶ

「会社の支援を受けて地方に移住したい」――。こんな願望を抱いている人が4割以上もいることが分かった。

 大正大学地域構想研究所の塚﨑裕子教授が東京など大都市に住む30~50代の正社員1055人(男性870人、女性185人)にアンケート調査。地方への移住に「関心がある」は17.3%、「少し関心がある」は23.5%で、「既に具体的に検討している」(6.2%)を合わせると47%が移住に前向きだった。

 こうしたアンケートは過去にもたびたび実施されたが、今回の調査が画期的なのは「現在の勤務先から支援が得られれば」という条件付きの設問を用意したこと。今の会社が支援してくれれば「移住したい、または検討したい」という回答が43.9%にのぼったのだ。30代では5割超となり、若い世代ほど前向きだという。

 調査を行った塚﨑教授自身も驚きを隠さない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事