大阪北部地震で女児犠牲に お宅のブロック塀は大丈夫か?

公開日:  更新日:

 大阪北部地震で高槻市の女児(9歳)がブロック塀の下敷きになり死亡した。

 このブロック塀は途中で継ぎ足しをした違法建築だったことが判明。だが詳細はいまだ不明で、同市教育委員会は「いつ、誰に工事を発注したのか、費用がいくらだったのかなどの資料が残ってないので何もお答えできません。現在調査中です」(学務課)と財務省のような返答だ。

 今回の事故は古いブロック塀の危険性を露呈した。「ウチや田舎の実家の塀は大丈夫?」と心配している人も多いだろう。そんな悩みを解消するのがコンサルタントやリフォーム業者だ。不動産コンサルタント「さくら事務所」のホームインスペクター・柴尾竜也氏が言う。

「古くなったブロック塀はヒビが入ったり、継ぎ目に亀裂が生じて内部に水が入り、鉄筋を腐食させることがあります。もともと田んぼだった住宅地だと地盤が弱いので傾きやすい。木の根が成長して塀を圧迫したり、大型ダンプの通行が多くて知らないうちに塀が傾くこともあります。きれいに見せるために吹き付け塗装したブロック塀を見かけますが、劣化が分かりにくいので要注意です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

もっと見る