大阪北部地震で女児犠牲に お宅のブロック塀は大丈夫か?

公開日: 更新日:

 大阪北部地震で高槻市の女児(9歳)がブロック塀の下敷きになり死亡した。

 このブロック塀は途中で継ぎ足しをした違法建築だったことが判明。だが詳細はいまだ不明で、同市教育委員会は「いつ、誰に工事を発注したのか、費用がいくらだったのかなどの資料が残ってないので何もお答えできません。現在調査中です」(学務課)と財務省のような返答だ。

 今回の事故は古いブロック塀の危険性を露呈した。「ウチや田舎の実家の塀は大丈夫?」と心配している人も多いだろう。そんな悩みを解消するのがコンサルタントやリフォーム業者だ。不動産コンサルタント「さくら事務所」のホームインスペクター・柴尾竜也氏が言う。

「古くなったブロック塀はヒビが入ったり、継ぎ目に亀裂が生じて内部に水が入り、鉄筋を腐食させることがあります。もともと田んぼだった住宅地だと地盤が弱いので傾きやすい。木の根が成長して塀を圧迫したり、大型ダンプの通行が多くて知らないうちに塀が傾くこともあります。きれいに見せるために吹き付け塗装したブロック塀を見かけますが、劣化が分かりにくいので要注意です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  9. 9

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  10. 10

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

もっと見る