奥野修司
著者のコラム一覧
奥野修司ノンフィクション作家

大阪府出身のノンフィクション作家。2006年、「ナツコ 沖縄密貿易の女王」で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。著書に「ねじれた絆」「魂でもいいから、そばにいて」などがある。食べ物と健康に関しても精力的に取材を続け、近著に「怖い中国食品、不気味なアメリカ食品」(講談社文庫)も。

「生活クラブ」の野菜と果物は有機か厳しい基準の減農薬

公開日:  更新日:

 21回にわたって本紙で連載した「本当は怖い国内食品」を読まれた方から、「有機野菜や無投薬の鶏肉はどこで買えるのか?」とよく尋ねられる。

 たしかに有機(無農薬を含む)野菜を作る農家を見つけても、送ってもらえば送料の負担が重い。私も、2000円分の野菜を買うのに1600円もの送料を払ったことがあった。これでは継続できない。やはり、送料を節約するためにも店舗で買いたい、というのが一般的だろう。

 とはいえ、一般のスーパーで有機野菜を見かけることはまずない。海外の有機農業に比べ、日本は非常に規模が小さく、たとえばヨーロッパでは、オーストリアなど10カ国が全農地の10%以上が有機農地なのに、日本は中国の0.4%よりも低い0.22%なのだ。

 少ない有機野菜をできるだけ安く手に入れようとすれば、やはり多少送料がかかることがあっても、食材を宅配してくれるところが一番だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る