奥野修司
著者のコラム一覧
奥野修司ノンフィクション作家

大阪府出身のノンフィクション作家。2006年、「ナツコ 沖縄密貿易の女王」で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。著書に「ねじれた絆」「魂でもいいから、そばにいて」などがある。食べ物と健康に関しても精力的に取材を続け、近著に「怖い中国食品、不気味なアメリカ食品」(講談社文庫)も。

「生活クラブ」の野菜と果物は有機か厳しい基準の減農薬

公開日:  更新日:

 21回にわたって本紙で連載した「本当は怖い国内食品」を読まれた方から、「有機野菜や無投薬の鶏肉はどこで買えるのか?」とよく尋ねられる。

 たしかに有機(無農薬を含む)野菜を作る農家を見つけても、送ってもらえば送料の負担が重い。私も、2000円分の野菜を買うのに1600円もの送料を払ったことがあった。これでは継続できない。やはり、送料を節約するためにも店舗で買いたい、というのが一般的だろう。

 とはいえ、一般のスーパーで有機野菜を見かけることはまずない。海外の有機農業に比べ、日本は非常に規模が小さく、たとえばヨーロッパでは、オーストリアなど10カ国が全農地の10%以上が有機農地なのに、日本は中国の0.4%よりも低い0.22%なのだ。

 少ない有機野菜をできるだけ安く手に入れようとすれば、やはり多少送料がかかることがあっても、食材を宅配してくれるところが一番だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る