奥野修司
著者のコラム一覧
奥野修司ノンフィクション作家

▽おくの・しゅうじ 1948年、大阪府生まれ。「ナツコ 沖縄密貿易の女王」で講談社ノンフィクション賞(05年)、大宅壮一ノンフィクション賞(06年)を受賞。食べ物と健康に関しても精力的に取材を続け、近著に「本当は危ない国産食品 」(新潮新書)がある。

「生活クラブ」の野菜と果物は有機か厳しい基準の減農薬

公開日: 更新日:

 21回にわたって本紙で連載した「本当は怖い国内食品」を読まれた方から、「有機野菜や無投薬の鶏肉はどこで買えるのか?」とよく尋ねられる。

 たしかに有機(無農薬を含む)野菜を作る農家を見つけても、送ってもらえば送料の負担が重い。私も、2000円分の野菜を買うのに1600円もの送料を払ったことがあった。これでは継続できない。やはり、送料を節約するためにも店舗で買いたい、というのが一般的だろう。

 とはいえ、一般のスーパーで有機野菜を見かけることはまずない。海外の有機農業に比べ、日本は非常に規模が小さく、たとえばヨーロッパでは、オーストリアなど10カ国が全農地の10%以上が有機農地なのに、日本は中国の0.4%よりも低い0.22%なのだ。

 少ない有機野菜をできるだけ安く手に入れようとすれば、やはり多少送料がかかることがあっても、食材を宅配してくれるところが一番だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

もっと見る