奥野修司
著者のコラム一覧
奥野修司ノンフィクション作家

▽おくの・しゅうじ 1948年、大阪府生まれ。「ナツコ 沖縄密貿易の女王」で講談社ノンフィクション賞(05年)、大宅壮一ノンフィクション賞(06年)を受賞。近著に「ゆかいな認知症 介護を『快護』に変える人」(講談社現代新書)がある。

お米にも危険な農薬が…水田で使われ体に蓄積されていく

公開日: 更新日:

 いかに輸入小麦が農薬にまみれているか、安全性に問題があるか、前回紹介した。

 一方で米はどうか。実はもみ殻には大量のケイ素が含まれていて、いわば食べる部分をガラスコーティングしているようなものだ。だから、多少の農薬を使って栽培しても、農薬が内部に浸透しない。さらに、もみ殻を取って精米したあと、食べる時は水でといで炊くから、農薬が混入しても限りなくゼロに近づく。 ただし、胚芽に農薬が残っている可能性はあるので、玄米は有機を選ぶべきだろう。

 こうして比較すると、安全ということでは、小麦は米にかなわない。

 ところが、ネオニコチノイド農薬が登場してから様子が一変した。日本で使われるネオニコチノイド系農薬の多くは水田で使われる。一般社団法人アクト・ビヨンド・トラストのサイトには、米の中のジノテフランというネオニコチノイド系農薬を検査したデータが掲載されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  2. 2

    公民権停止もあるぞ 桜を見る会中止で疑惑モミ消しの悪質

  3. 3

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  4. 4

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  5. 5

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  6. 6

    妊娠・出産を乗り越え弁護士に…宣誓式で判事が粋な計らい

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    櫻井翔ありきで半月早まった「紅白歌合戦」司会発表の裏側

  9. 9

    首相主催の桜を見る会 よく税金で盛大な宴会なぞできるよ

  10. 10

    正答例を事前閲覧 入試に乗じるベネッセのカンニング商法

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る