奥野修司
著者のコラム一覧
奥野修司ノンフィクション作家

大阪府出身のノンフィクション作家。2006年、「ナツコ 沖縄密貿易の女王」で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。著書に「ねじれた絆」「魂でもいいから、そばにいて」などがある。食べ物と健康に関しても精力的に取材を続け、近著に「怖い中国食品、不気味なアメリカ食品」(講談社文庫)も。

日本の農産物はまるで工業製品 2割は規格外で廃棄処分に

公開日: 更新日:

 50代以上の方なら覚えているかもしれないが、昔のキュウリと今のキュウリはまったく違ったものだった。

 今売られているキュウリは、表皮が黒光りして皮が厚く、硬い。ところが80年代までは、皮が薄くてブルーム(果粉)と呼ばれる白い粉がついたキュウリが主流だった。ブルームは食べても問題はないし、洗えば簡単に落ちるのだが、ついた跡がまだら模様になるため、一部の消費者から、農薬のせいではないかと疑われたのである。

 さらにこのキュウリは皮が薄いから日持ちが悪い。つまり長時間輸送に不都合だった。そこで、かぼちゃの台木にキュウリの苗を接ぎ木してブルームのないキュウリを作った。これが今のキュウリである。

 味は比較にならないほど落ちる。それでも形が曲がらず、黒光りして、白い粉がつかないキュウリは消費者に喜ばれた。深緑色のホウレン草と同じで、味がよくなくても、見た目がよければ売れたのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る