塩田武士さん<2>「それで紙面埋まるんか」と電話切られ…

公開日: 更新日:

 午後5時までに街ネタの取材を終えると、そこから裁判所に向かう。起訴と提訴をチェック。何かあれば、弁護士には提訴状、神戸地裁の尼崎支部では起訴状をもらう手配をする。その後は、夜討ちで刑事の家だ。それが終わったら夜回りで警察署に寄り、最後に支局に帰って、ケイデンをかけて、深夜1時に自宅に帰る。

「この2年間は、小説を書けなかったですね。その代わり、アイデアを思いついたらメモしていました。自分の管轄からは離れられませんし、休みの日も、めちゃくちゃ呼び出されます。ポケベル鳴ったら殺人事件の取材だったり……。だんだんしんどくて厚かましくなって電話に出なくなったら、社用↓私用↓ポケベルの順番に鳴り続けて、頭がおかしくなりそうになって結局、電話するんですけど……」

 警察回りで思い出すのは、最初の泊まり明けで、尼崎のカチコミ(敵対組織への襲撃)現場に行ったときだ。=つづく

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  8. 8

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る