中森勇人
著者のコラム一覧
中森勇人ジャーナリスト

1954年、神戸市生まれ。船橋市在住。大手金属メーカーで鉄道関連の開発職に携わる。その後、IT企業を経て05年よりジャーナリストとして独立。第7回ライターズネットワーク大賞受賞。著書は「辞めてはいけない」(岩波書店)、「心が折れそうなビジネスマンが読む本」(ソフトバンククリエイティブ)など多数。

体操協会より醜いパワハラ実態…前任者は3日でギブアップ

公開日:

 もはや限界と派遣会社に辞めると言うと、「もう少し辛抱して」と引き留められた。

「前任者は3日で辞めたそうです。その前の人も契約満了まで続かなかった。1カ月ガマンした私は担当者に感謝されたくらいです」

 派遣先に苦情を入れてみると言われたが、状況は一向に改善されないまま。仕方がないので派遣会社を変えようと求人サイトを見るように。

「学生時代に運動部に所属していたのがあだになったのかも。辞めるのは逃げになるとか、卑怯なことなのかと思っちゃうんですよね」

 渦中の体操選手も同じ気持ちだろう。A子さんは派遣会社に直談判し、期限を切ってもらえるように交渉した。

 そして約束の日まで働いたA子さんは退職後、ご褒美ではないが、待遇のよい今の派遣先を紹介してもらったのだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る