中森勇人
著者のコラム一覧
中森勇人ジャーナリスト

1954年、神戸市生まれ。船橋市在住。大手金属メーカーで鉄道関連の開発職に携わる。その後、IT企業を経て05年よりジャーナリストとして独立。第7回ライターズネットワーク大賞受賞。著書は「辞めてはいけない」(岩波書店)、「心が折れそうなビジネスマンが読む本」(ソフトバンククリエイティブ)など多数。

カウンターでのレジ打ちのバイトに現役の社長さんが!

公開日:

 派遣にはいろんな風貌の人が働きに来る。

 中でも目立っていたのが、いつもおしゃれなジャケット姿で麻生副総理愛用のボルサリーノ風の帽子をかぶって出勤してくるダンディーなおじさん。明らかに周囲とは違うタダものではない雰囲気が漂う。今回は、カウンターでひたすらレジ打ちをする派遣だったのだが、この方の物腰がやわらかくてとても丁寧。

「かしこまりました。大変お待たせしました。恐れ入ります」と、その言葉には気品すら感じさせる。

 そして、外国人への対応もお手のもの。英語が通じない客の場合でも、「ボンジュール・マドモワゼル」とフランス語で対応しているではないか。

 あまりに気になったので本人に聞いてみると、なんと現役バリバリの社長さんだった。なるほど納得。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る