中森勇人
著者のコラム一覧
中森勇人ジャーナリスト

1954年、神戸市生まれ。船橋市在住。大手金属メーカーで鉄道関連の開発職に携わる。その後、IT企業を経て05年よりジャーナリストとして独立。第7回ライターズネットワーク大賞受賞。著書は「辞めてはいけない」(岩波書店)、「心が折れそうなビジネスマンが読む本」(ソフトバンククリエイティブ)など多数。

日雇い派遣の落とし穴 “交通費なし”は手取りに大きく響く

公開日:

「派遣先までの交通費はバカにならない」

 先日、現場で知り合った人に聞いた話を今回が証明してくれた。

 その日はあいにく自宅近くに派遣の仕事がなく、電車で1時間半もかかる現場に行くことに。そこまでの運賃が700円。多くの派遣の場合、交通費は支給されない。

 時給が950円、8時間労働で7600円なので、往復の交通費を払っても実質手取りは6200円になるはずだった……。

 駅に着くと、派遣会社の人が声をかけてきて用意されたバスに乗り込む。バスに揺られること40分。到着したのは山奥の工事現場だった。野ざらしの現場は直射日光がモロに当たる。作業はフォークリフトが運んできた資材や荷物をひたすら降ろす、コンベヤーに乗せていくというもの。軽いものもあるが、重いのになると20キロのセメント袋などがあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る