中森勇人
著者のコラム一覧
中森勇人ジャーナリスト

1954年、神戸市生まれ。船橋市在住。大手金属メーカーで鉄道関連の開発職に携わる。その後、IT企業を経て05年よりジャーナリストとして独立。第7回ライターズネットワーク大賞受賞。著書は「辞めてはいけない」(岩波書店)、「心が折れそうなビジネスマンが読む本」(ソフトバンククリエイティブ)など多数。

室温36度を超す倉庫でも空調は扇風機のみの過酷な作業

公開日:

 大手ファッション通販会社の倉庫でのこと。ここでは数百平方メートルもあるフロア3階分を使い、婦人服だけでなく靴や小物など数えきれないほどの商品がスチールラックに収められている。

 驚いたのは商品のバーコード管理以外はほとんど手作業で行われているということ。老若男女の派遣が大きなバッグや手押しカートを使って歩きながら商品をピッキング(集荷)していく。手にはハンディースキャナーを持ち、小さな画面に表示されるアリのような文字を頼りに指定された商品を集めて回るのだ。とても老眼鏡なしには確認はできない。

 ピッキングをしている派遣の姿は華やかな商材に相反してゾンビのような感じでゾロゾロ。

 しかも真夏なので汗が噴き出る。室内はすでに36度を超え、ある派遣は「サウナに入ってるみたい」と漏らす。倉庫内は業務用の扇風機が数台、遠慮がちに回っているだけ。空調やエアコンは存在しない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

もっと見る