「愛犬を引き取って」がん患者が託した悲痛な手紙の“結末”

公開日:

 米ミズーリ州セントルイス郡の動物保護施設「ストレイ・レスキュー」に10月1日、悲痛な手紙が届いた。「シェル」というメスの犬を飼い、闘病の末に亡くなったというがん患者の女性からだった。
手紙にはこう書かれていた。

「親愛なるストレイ・レスキュー様。私の愛犬シェルを引き取っていただきたく、この手紙を書いています…ここ数カ月、がんと闘ってきましたが、もしこの手紙を読まれているなら、私はもうこの世にはいないということです。私のかわいい子の世話をしてくれる方が必要です…最近、この子に何が起きるかを心配してばかりいます。この子を愛しています。私の娘なのです」

 ストレイ・レスキューは翌2日、この手紙とシェルの写真をフェイスブックに掲載。シェルを無事に保護したことを報告し、誰か引き取ってかわいがってほしいと訴えた。

 愛犬を心から心配する女性の思いが切実に伝わってくるこの投稿は多くの人びとの胸を打ち、急拡散。約2000人がシェアし、4000以上の「いいね!」がつけられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る