白藤香
著者のコラム一覧
白藤香SPCコンサルティング(SPCCTOKYO)ラボ所長

海外市場における新事業戦略を企画逐行、数千億円規模の市場実績がある。

終身雇用の意識を捨てれば低すぎる“仕事への熱意”が変わる

公開日:

 毎週金曜日、午後3時を過ぎると、都心の電車は帰宅するサラリーマンで混み始める。働き方改革で残業時間制限が厳格化され、長時間働かなくてよくなったが、40代、50代のサラリーマンは本当にこれでいいのかと不安を抱え、危機感を強く持っている。企業の生産性自体はまだ何も改善されていないからだ。

 ここ10年くらいの間に、大手企業では成果評価型の人事制度が導入され、ジョブローテーションも定着した。特に40代のミドルマネジメントの大半は、ゼネラリストで、昇進・昇格のインセンティブも乏しい。大手企業人事部によると、近年は部下の育成もままならない管理職が増加傾向にあり、クビにならないように仕事を抱え込み、毎日、その日を過ごすことだけに没頭する人も多いそうだ。

 海外の国際比較調査では、日本人のエンゲージメント(仕事への熱意)が低すぎることが問題になっている。米国の32%に対し、日本は6%と大幅に低く、調査した139カ国中132位と最下位クラスだった。「周囲に不満をまき散らしている無気力な社員」の割合は24%、「やる気のない社員」は70%に達した(日本経済新聞電子版2017年5月26日)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る