白藤香
著者のコラム一覧
白藤香SPCコンサルティング(SPCCTOKYO)ラボ所長

海外市場における新事業戦略を企画逐行、数千億円規模の市場実績がある。

これから目指すは「専門職」 すると評価はシンプルになる

公開日: 更新日:

 近年、人材開発の専門家の間では、企業の「人員の収益分析」に関する悲観的な話が増えている。今、企業内に収益人材は何%いるのか、ご存じだろうか。

 かつては、上位2割が収益人材、中位6割が支える人材、下位2割がぶら下がり人材といわれ、2対6対2の比率を基軸にして、終身雇用の会社経営が行われてきた。

 しかし、弊社の調査では、近年は上位2割が1割以下、中位6割が4割、下位2割が5割へと「下振れ」がひどい。うち機能している人材は3割程度だ。そのため、下振れ企業は事業計画が何年も達成できず、赤字経営が続いている。上位1割以下の収益人材が経営を担っているため、日常が火の車だ。

 次世代の経営幹部候補も圧倒的に少ないため、大企業では経営者の成り手確保が困難になってきていると、人事戦略担当者からも聞いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る