白藤香
著者のコラム一覧
白藤香SPCコンサルティング(SPCCTOKYO)ラボ所長

海外市場における新事業戦略を企画逐行、数千億円規模の市場実績がある。

終身雇用は終焉 AI時代に合わせた「職種転換」は副業で

公開日:  更新日:

 百貨店、広告、製薬、製造業、そして銀行と、一度は収まったかに見えた上場企業のリストラが昨年来、相次いでいる。企業の人事担当者からも「終身雇用の維持は念頭に置いていない」という長期予測が普通に聞かれる。

 日本企業の一番の問題は「収益率の低さ=生産性の低さ」だとされる。昨年度末の企業業績は過去最高益だったものの、現実には売り上げに対する税引き前純利益は4%程度で、収益確保が十分できていない。

 ちなみに米国企業ではIT、電機、半導体、通信は純利益20%程度を確保し、業績がいまいちの自動車でさえ5%、重電で11%である。EUでも通信機器が33%、自動車は13%、電機は9%もある。他方、日本企業では米国式経営に近いソフトバンクが16%、グローバル企業代表のトヨタが7%、日立やソニーは3%である。

 社会保障費の構成が似ているEUと比較しても、日本企業の純利益率が低すぎるのがよく分かる。今後、2040年に企業の社会保障費負担は最大となり、経営がさらに圧迫される見込みだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る