安田純平さん解放で議論に 自己責任はどこまで求められる

公開日: 更新日:

 シリアで拘束されていたジャーナリストの安田純平氏の生還を巡り、自己責任論が盛り上がっている。ややこしい問題が浮上するたび、自己責任が問題になるが、巷の人はどう思っているのか。40代男性は娘の学級崩壊に関連してこう言った。

「娘の小学校が学級崩壊していることを知人にグチったら、『そんな学校を選んだ親の責任だろう。嫌なら、カネを払って私立に行かせるべきだ』と言い返されてビックリしました」

 フリーターの30代男性はこう言う。

「僕が大学を卒業したころは就職氷河期だったんです。何十社と面接を受けましたが、内定はもらえませんでした。僕なりに努力したのに、バイト先の店長に『大学まで行って正社員になれないのは努力が足りないんじゃないか』と言われたのはショックでした」

■他人を助けたくない気持ちの表れ

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  2. 2

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  3. 3

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  4. 4

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  5. 5

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  6. 6

    菅家は恵まれた家 姉2人は国立大に、弟は慶大に進んだ

  7. 7

    アベノマスクやはり“バカ高”だった…黒塗り忘れで単価バレ

  8. 8

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    正代初Vも「番付不在」と評論家苦言…白鵬は延命で高笑い

もっと見る