松本晋一
著者のコラム一覧
松本晋一索道愛好家・索道資料コレクター

タップダンサーとして活躍する傍ら、「索ちゃん」に目覚め、そのすべてを盛り込んだサイト「歓喜の索道」を運営する。著書に「ロープウェイ探訪」(グラフィック社)がある。東京都出身。54歳。

近代的ロープウエーの日本初登場は1912年の初代通天閣

公開日: 更新日:

 谷間に綱を張り、人が乗れるかごをぶら下げて渡すという発想は、江戸時代に飛騨の駕籠渡しや野猿という乗り物に見ることができる。

 だが、電気を動力とする、いわゆる近代的なロープウエーが日本に初めて登場したのは1912年、大阪の初代通天閣であった。

 でも、これは遊園地のアトラクション的なもので、本格的に山に架設されたのは27年に開業した三重県の矢ノ川峠索道になる。以後、戦前に造られたロープウエーは、博覧会などに仮設されたものを含めても11路線にとどまり、それも戦時中に、ほとんどが撤去され姿を消していった。

 終戦後になると、廃止を免れた三峰山、吉野山、そして唯一復活できた明智平の3路線だけで、新設は遊園地の遊戯施設ぐらいであった。

 そして、1955年に岐阜県の「金華山ロープウェー」が開業すると、昭和30年代に広まったレジャーブームに乗る形で以降15年ぐらいの間に雨後のタケノコのごとく、日本中の観光地に造られていった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る