松本晋一
著者のコラム一覧
松本晋一索道愛好家・索道資料コレクター

タップダンサーとして活躍する傍ら、「索ちゃん」に目覚め、そのすべてを盛り込んだサイト「歓喜の索道」を運営する。著書に「ロープウェイ探訪」(グラフィック社)がある。東京都出身。54歳。

近代的ロープウエーの日本初登場は1912年の初代通天閣

公開日: 更新日:

 谷間に綱を張り、人が乗れるかごをぶら下げて渡すという発想は、江戸時代に飛騨の駕籠渡しや野猿という乗り物に見ることができる。

 だが、電気を動力とする、いわゆる近代的なロープウエーが日本に初めて登場したのは1912年、大阪の初代通天閣であった。

 でも、これは遊園地のアトラクション的なもので、本格的に山に架設されたのは27年に開業した三重県の矢ノ川峠索道になる。以後、戦前に造られたロープウエーは、博覧会などに仮設されたものを含めても11路線にとどまり、それも戦時中に、ほとんどが撤去され姿を消していった。

 終戦後になると、廃止を免れた三峰山、吉野山、そして唯一復活できた明智平の3路線だけで、新設は遊園地の遊戯施設ぐらいであった。

 そして、1955年に岐阜県の「金華山ロープウェー」が開業すると、昭和30年代に広まったレジャーブームに乗る形で以降15年ぐらいの間に雨後のタケノコのごとく、日本中の観光地に造られていった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  7. 7

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  10. 10

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

もっと見る