松本晋一
著者のコラム一覧
松本晋一索道愛好家・索道資料コレクター

タップダンサーとして活躍する傍ら、「索ちゃん」に目覚め、そのすべてを盛り込んだサイト「歓喜の索道」を運営する。著書に「ロープウェイ探訪」(グラフィック社)がある。東京都出身。54歳。

最もかさむのは交通費…年200回搭乗のコストはいくらか?

公開日: 更新日:

 ロープウエーに乗りにいくという趣味は高いか安いか? 

 私はどこか1カ所へ乗りにいく予算はだいたい2万~3万円と捉えている。一番かかるのが交通費。家がある東京から目的地が遠いほど高くなる。

 その交通費も他の観光を兼ねているわけではなく、あくまでもロープウエーに乗るためだけに使うと思うと安くはない。往復1万円以下で済めば万々歳である。

 東京から比較的近い山梨県の富士山パノラマロープウェイ、身延山ロープウェイ、昇仙峡ロープウェイ、群馬県の伊香保ロープウェイあたりだと、高速バスで片道2000円台で行ける。関西方面も高速バスで往復1万円前後で済む。しかし、九州や北海道ぐらいの距離になるとそうはいかない。格安航空券でも片道で1万円前後はすることが多い。早割だともっと安くなるのだろうが、天気が悪いとロープウエーを楽しめないので、前日ぐらいまで決定ができないゆえ、不向きなケースが多い。交通費が3万円近くになるとさすがにめったに行けない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    統計不正“火付け役”は首相別荘BBQでも火おこし役の腰巾着

もっと見る