「ドラレコ」が好調を維持 2つの“あおり運転”判決が影響

公開日: 更新日:

 年の瀬を挟んで、“あおり運転”による交通事故で注目されていた2つの事件の判決が出た。

 まず、昨年12月14日、横浜地裁は「東名高速あおり運転事故」で、石橋和歩被告(26)に危険運転致死傷罪を適用、懲役18年の判決を言い渡した。2017年6月、東名高速で執拗なあおり運転の末、家族連れの車を無理やり停車させ、その車に後方から来たトラックが追突。夫婦2人が亡くなった事件だ。

 もうひとつは、1月25日、大阪地裁での判決。昨年7月、堺市内で中村精寛被告(40)が乗用車でバイクをあおり、追突。バイクを運転していた大学生を死亡させた。こちらは殺人罪で懲役16年の判決が。中村被告が事故直後に発した、「はい、終わり~」の肉声に憤りを覚えた人も多かったはず。

 2つの裁判で注目されたのが、ご存じ、ドライブレコーダー。そこに記録された音声や映像が判決に重大な影響を与えたからだ。その影響か昨年暮れから、またまたドライブレコーダーが売れているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    星野源「MIU404」での変幻自在 “平匡さん”から演技ガラリ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    泉佐野市“ふるさと納税バトル”逆転勝訴 安倍強権が赤っ恥

  8. 7

    小池都知事の“コロナ独裁”で東京発の第2波が全国拡散危機

  9. 8

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  10. 9

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  11. 10

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

もっと見る