今や必需品のドラレコ 選びの基準は「3つの機能」にあり

公開日: 更新日:

 先月末、東名高速で危険な「あおり運転」で、死亡事故につながりかねない事故が起きていたことが判明した。

 愛知県警が2月27日に発表した、ことの顛末(てんまつ)はこうだ。昨年11月4日午前9時半ごろ、岐阜県の大学生(19)が愛知県岡崎市の東名高速上り線を走行中、同県豊田市の男性(50)が運転する車に追い越された。これに対し大学生は男性の車を約4キロにわたりパッシング、急接近であおる、加速して男性の車の前に割り込んで急ブレーキをかけるなど危険運転をしたという。その後、急停止した男性と大学生の車に後続の計5台が絡む事故が発生。幸いけが人はいなかったが、大事故につながる可能性もあった。

 同県警は事故に関係する車のドライブレコーダー映像などを捜査した結果、大学生が急停止させた行為に対して道交法違反ではなく暴行容疑(刑法)で逮捕。大学生は容疑を否認しているというが、ドラレコが、“動かぬ証拠”となるのはまず間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る