• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今や必需品のドラレコ 選びの基準は「3つの機能」にあり

 先月末、東名高速で危険な「あおり運転」で、死亡事故につながりかねない事故が起きていたことが判明した。

 愛知県警が2月27日に発表した、ことの顛末(てんまつ)はこうだ。昨年11月4日午前9時半ごろ、岐阜県の大学生(19)が愛知県岡崎市の東名高速上り線を走行中、同県豊田市の男性(50)が運転する車に追い越された。これに対し大学生は男性の車を約4キロにわたりパッシング、急接近であおる、加速して男性の車の前に割り込んで急ブレーキをかけるなど危険運転をしたという。その後、急停止した男性と大学生の車に後続の計5台が絡む事故が発生。幸いけが人はいなかったが、大事故につながる可能性もあった。

 同県警は事故に関係する車のドライブレコーダー映像などを捜査した結果、大学生が急停止させた行為に対して道交法違反ではなく暴行容疑(刑法)で逮捕。大学生は容疑を否認しているというが、ドラレコが、“動かぬ証拠”となるのはまず間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  10. 10

    納采の儀は困難…小室圭さんは「日本に帰れない」の声も

もっと見る