三枝成彰
著者のコラム一覧
三枝成彰作曲家

1942年、兵庫県生まれ。東京芸大大学院修了。代表作にオペラ「忠臣蔵」「狂おしき真夏の一日」、NHK大河ドラマ「太平記」「花の乱」、映画「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」「優駿ORACIÓN」など。2017年、旭日小綬章受章。

風俗で遊んだことも筒抜けの社会に反対の声を上げよう

公開日: 更新日:

 映画で表現されるフィクションだと思っていたことが、リアルの領域に侵食してきている。日本は今や警察国家で、国民全員が監視された中で窮屈に暮らしているんだ。

 何しろ警察は捜査の名目で携帯電話のロックを勝手に解除して中を見ているというのだから、驚いた。いつの間にそんな蛮行が許されるようになったのか。恐ろしい社会だよ。

 一部報道によると、2017年に福岡県小郡市で起きた殺人事件と、今年1月に米国籍の男に判決が言い渡された事件で、被害者や被疑者が使っていた米アップル社製のスマートフォン「iPhone」のロックを解除したそうだ。多くの人は「私は犯罪者じゃないから関係ない」と思うかもしれないが、そんなに甘いものじゃない。もっと何が起こり得るのかを想像すべきだ。

 まったくの無実であっても、たまたま知り合いが事件に巻き込まれたり、近所で事件が起こったりしたときなど、何らかの拍子に多くの関係者のひとりに含まれてしまえば、勝手にスマホをのぞかれる危険性があるんだよ。そのとき、ちょっとでも変な画像やデータが入っていたりしたら、あらぬ疑いをかけられかねない。決して他人事じゃなくて、だれにでも起こることなんだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  9. 8

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  10. 9

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  11. 10

    巨人サンチェス3回降板にブ然 原監督“怒り投手交代”の波紋

もっと見る