池田保行
著者のコラム一覧
池田保行ファッションエディター&ライター

メンズファッション誌を中心に、ビジネススーツなどメンズスタイルについて執筆するファッションエディター&ライター。

ダサい理由は柄合わせに 無地で揃えることから始めよう

公開日: 更新日:

 鏡に映ったスーツ姿が、どうにもイマイチしっくりこない。オフィスで見かける同僚のスーツスタイルは、いつもキリリと締まっているのはなぜか――。よく分からないけれど何となくそう感じる人は、第一にフィッティングを見直すことだ。

「そんなことは購入時に分かりきっている」と言うなら、スーツとワイシャツ、そしてネクタイの色柄の組み合わせを見直してほしい。

 店員に「英国調がトレンドです」などと、よく分からないままにチェック柄のスーツを買わされたとする。手持ちのストライプ柄のシャツを着て、銀座のクラブのママにプレゼントされた幾何学模様のネクタイを結んでいたら、そのコーディネートはおそらく9割の確率でダサい。

「色柄合わせ」とは実に複雑怪奇で難しく、毎朝、クローゼットから適当に取り出して着ても、しゃれて見えるようになるには、何十年も要する「高等技術」なのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  3. 3

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  6. 6

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  7. 7

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  8. 8

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  9. 9

    芸能事務所に忖度するテレビ局は考え直す時期にきている

  10. 10

    テスト大会で浮き彫り…東京五輪「立候補ファイル」の大嘘

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る