サンマが“初夏の味覚”に 漁解禁前倒しで味と値段に影響は

公開日: 更新日:

<目には青葉 山ほととぎす初鰹>――。初夏を代表する3つの風物として有名な句だが、「初鰹」が「初サンマ」に取って代わられるかもしれない。8~12月が操業期間のサンマ漁が今年、前倒しされるからだ。

「全国さんま棒受網漁業協同組合」(全さんま)によると、今年は一部漁船がサンマの出漁日を5月16日に早め、7月中旬まで操業する見通し。本格シーズンより3カ月早い解禁の裏にあるのは、漁場が日本近海から遠のいたことによる、サンマの深刻な不漁だ。

「全さんま」の調べによると、2000~12年に年20万~30万トンほどだったサンマの漁獲量は、17年に7万7000トンにまで減少。昨年は12万トンに持ち直したが、今後は依然として不透明だという。

 出漁の前倒しは消費動向にどんな影響を与えるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  2. 2

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  5. 5

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  6. 6

    サザン時代の自分は地上2メートル上をフワフワ浮いていた

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    秋ドラマ注目の若手女優5人を美少女・女優評論家が選ぶ

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

もっと見る