• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

サンマ初競り 1匹7万円で落札した回転寿司1貫のお値段は

 なんと、1匹7万円――。11日、札幌市中央卸売市場でサンマの初競りが行われ、1キロあたり50万円の高値がついた。1匹7万円である。

「初競りということでご祝儀相場です。これから水揚げ量が増えれば値が落ち着くでしょう」(同市場経営支援課)

 サンマのご祝儀相場は高騰している。

 12年は1キロ2万3300円だったが、16年は20万円になり、昨年は40万円。今年の50万円はこれまでの最高記録だ。

 最高値で競り落とした札幌市の回転ずし「活一鮮」は11日、昼の営業から1貫888円で提供している。

「サンマ1匹から6貫しか握れないので、本当の原価は1貫あたり1万1666円です。それを888円でお出ししているので大赤字。だけど、ご祝儀なのでやむを得ません。まあ、テレビCMを打ったと考えています」(佐藤厳社長)

 このサンマの売り上げはすべて西日本豪雨の被災地に寄付する方針だ。そのこともあって客の行列は普段の2倍になっているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る