サンマ初競り 1匹7万円で落札した回転寿司1貫のお値段は

公開日: 更新日:

 なんと、1匹7万円――。11日、札幌市中央卸売市場でサンマの初競りが行われ、1キロあたり50万円の高値がついた。1匹7万円である。

「初競りということでご祝儀相場です。これから水揚げ量が増えれば値が落ち着くでしょう」(同市場経営支援課)

 サンマのご祝儀相場は高騰している。

 12年は1キロ2万3300円だったが、16年は20万円になり、昨年は40万円。今年の50万円はこれまでの最高記録だ。

 最高値で競り落とした札幌市の回転ずし「活一鮮」は11日、昼の営業から1貫888円で提供している。

「サンマ1匹から6貫しか握れないので、本当の原価は1貫あたり1万1666円です。それを888円でお出ししているので大赤字。だけど、ご祝儀なのでやむを得ません。まあ、テレビCMを打ったと考えています」(佐藤厳社長)

 このサンマの売り上げはすべて西日本豪雨の被災地に寄付する方針だ。そのこともあって客の行列は普段の2倍になっているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る