刺身、塩焼き、味噌煮…大動脈瘤で死なない「魚の食べ方」

公開日:

 魚を食べないと大動脈瘤で死ぬ――。こんな恐ろしい研究結果が注目されている。

 筑波大と国立がん研究センターが40歳以上の男女36万人を調査。魚をほとんど食べない人は週に1、2回食べる人に比べて大動脈瘤や大動脈解離で死亡するリスクが1.9倍、つまり約2倍に増えることが分かった。月に1、2回以上食べる人にもリスクの上昇がなかったという。できれば週に1、2回、それが無理なら月に1、2回以上魚を食べたほうがいいことになる。

 医学博士の左門新氏によると、サバやイワシ、アジ、サンマ、サケ、マグロなどにはDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)が多く含まれるため、善玉コレステロールが増えて動脈硬化を予防し、血管をやわらかくする効果がある。これが大動脈瘤などのリスクを軽減するわけだ。同じ理由で脳卒中(脳出血や脳梗塞)の予防効果も期待できるというから、魚は健康の強い味方なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  10. 10

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

もっと見る