刺身、塩焼き、味噌煮…大動脈瘤で死なない「魚の食べ方」

公開日: 更新日:

 魚を食べないと大動脈瘤で死ぬ――。こんな恐ろしい研究結果が注目されている。

 筑波大と国立がん研究センターが40歳以上の男女36万人を調査。魚をほとんど食べない人は週に1、2回食べる人に比べて大動脈瘤や大動脈解離で死亡するリスクが1.9倍、つまり約2倍に増えることが分かった。月に1、2回以上食べる人にもリスクの上昇がなかったという。できれば週に1、2回、それが無理なら月に1、2回以上魚を食べたほうがいいことになる。

 医学博士の左門新氏によると、サバやイワシ、アジ、サンマ、サケ、マグロなどにはDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)が多く含まれるため、善玉コレステロールが増えて動脈硬化を予防し、血管をやわらかくする効果がある。これが大動脈瘤などのリスクを軽減するわけだ。同じ理由で脳卒中(脳出血や脳梗塞)の予防効果も期待できるというから、魚は健康の強い味方なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  5. 5

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    また2ショットなし 綾瀬はるか“結婚報道”で私生活の深い謎

  9. 8

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  10. 9

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  11. 10

    貯蓄額1500万円の家庭が実践する資産を増やす“4つの方法”

もっと見る