刺身、塩焼き、味噌煮…大動脈瘤で死なない「魚の食べ方」

公開日: 更新日:

 魚を食べないと大動脈瘤で死ぬ――。こんな恐ろしい研究結果が注目されている。

 筑波大と国立がん研究センターが40歳以上の男女36万人を調査。魚をほとんど食べない人は週に1、2回食べる人に比べて大動脈瘤や大動脈解離で死亡するリスクが1.9倍、つまり約2倍に増えることが分かった。月に1、2回以上食べる人にもリスクの上昇がなかったという。できれば週に1、2回、それが無理なら月に1、2回以上魚を食べたほうがいいことになる。

 医学博士の左門新氏によると、サバやイワシ、アジ、サンマ、サケ、マグロなどにはDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)が多く含まれるため、善玉コレステロールが増えて動脈硬化を予防し、血管をやわらかくする効果がある。これが大動脈瘤などのリスクを軽減するわけだ。同じ理由で脳卒中(脳出血や脳梗塞)の予防効果も期待できるというから、魚は健康の強い味方なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  4. 4

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  5. 5

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  6. 6

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  7. 7

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  8. 8

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  9. 9

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  10. 10

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

もっと見る