初セリ1匹4500円…高級化したサンマに代わる食べたい魚

公開日: 更新日:

 秋の味覚・サンマは、7月10日の北海道釧路港での水揚げを皮切りに全国に広がっていく。初セリの価格は、1キロ当たり3万3000円ほど。塩焼きにしたらちょっとつついただけでなくなってしまいそうな小ぶりなサイズで、1匹換算4500円だ。

 8月半ばごろになって漁が本格化すると、価格は落ち着くとみられているが、サンマの水揚げ高は減少傾向。昨年は、対前年比30%減の約7万7169トンで、東京・築地市場では9月以降もやせた魚が目立ち、価格は例年より3割高で推移していた。

 初セリに向けての釧路港の水揚げ高は、昨年の3分の1以下の約700キロ。サンマを楽しみにしている人にとっては、つらい数字だろうが、「こんな時こそ、ほかの海産物に目を向けるチャンスです」というのは、水産ジャーナリストの西潟正人氏だ。

「たとえば、イワシは水揚げが振るわなかったこともありましたが、最近は全国的にいいサイズが揚がっています。サンマと同様に、脂が乗ったイワシは刺し身でも、塩焼きでもウマい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る