初セリ1匹4500円…高級化したサンマに代わる食べたい魚

公開日:

 秋の味覚・サンマは、7月10日の北海道釧路港での水揚げを皮切りに全国に広がっていく。初セリの価格は、1キロ当たり3万3000円ほど。塩焼きにしたらちょっとつついただけでなくなってしまいそうな小ぶりなサイズで、1匹換算4500円だ。

 8月半ばごろになって漁が本格化すると、価格は落ち着くとみられているが、サンマの水揚げ高は減少傾向。昨年は、対前年比30%減の約7万7169トンで、東京・築地市場では9月以降もやせた魚が目立ち、価格は例年より3割高で推移していた。

 初セリに向けての釧路港の水揚げ高は、昨年の3分の1以下の約700キロ。サンマを楽しみにしている人にとっては、つらい数字だろうが、「こんな時こそ、ほかの海産物に目を向けるチャンスです」というのは、水産ジャーナリストの西潟正人氏だ。

「たとえば、イワシは水揚げが振るわなかったこともありましたが、最近は全国的にいいサイズが揚がっています。サンマと同様に、脂が乗ったイワシは刺し身でも、塩焼きでもウマい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る