北出恭子
著者のコラム一覧
北出恭子

温泉専門家であり温泉タレント。温泉ソムリエなど多数の温泉に関する資格を取得し、現在「温泉家」として温泉施設の監修や講演などを行う。年間入湯数は300以上。

福島・会津東山温泉「向瀧」は日本で最初の“文化財の宿”

公開日: 更新日:

 日本の伝統文化に興味を持っている女性をぜひ連れて行って欲しいのがこちらのお宿。

“文化財の宿”は全国に幾つかありますが、ここはその第1号。玄関や客室などのいたるところが国の登録有形文化財に指定されているのです。

 江戸時代に会津藩上級武士の指定保養所となっていた「きつね湯」を引き継ぎ、明治6年に創業。宮内庁の指定も受け、皇族をもてなした専用の棟は、現在「特別室」として一般の人も泊まれます。江戸と越前の宮大工の合作だという数寄屋造りの建物は、雪に耐えられる強い骨組みと、くぎを使わない繊細な様式美を併せ持った、オンリーワンの名木造建築。

 建築への知識がなくても、お部屋に案内される際に説明してくれますし、希望者には館内のガイドツアーもあります。柱の木目や細工、窓や欄間のデザインまで、部屋ごとにこだわりがあり、当時の宮大工の心意気と遊び心に感銘を受けます。黒光りするほど丁寧に磨き上げられた荘厳な建物がまさに主役です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  2. 2

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

もっと見る