小西美穂
著者のコラム一覧
小西美穂キャスター

1969年、兵庫県生まれ。92年、関西学院大文学部を卒業し読売テレビ入社。01年からロンドン特派員となり、06年に日本テレビ入社。報道キャスターとして討論番組の司会を数多く務める。現在、夕方の「news every.」キャスター。著書に「3秒で心をつかみ 10分で信頼させる 聞き方・話し方」「小西美穂の七転び八起き」がある。

<5>青木功さんの“爪の秘密”から学んだジェスチャーサイン

公開日: 更新日:

 お互いを理解するためのお酒の席などで、いまひとつ会話が盛り上がらないことってありますよね? そんなときは、もしかしたら、相手のサインを見逃しているかもしれません。

 私は会話を盛り上げたいときには、「ジェスチャー付きの話」をスルーしないよう心掛けています。身ぶり手ぶりで説明するのは、相手が本当に言いたいことです。そこを拾い上げると話が弾み、相手との関係性もグッと良くなるはずです。

 ゴルフ界のレジェンド、青木功さんと対談したときのことです。経験豊富な青木さんの言葉は、どれも奥が深く、試合の裏話も満載でした。

 ただ、限られた時間でいろんな質問をするためには、次から次へと話題を変えていかなければなりませんでした。そのため「このままでは中途半端に終わってしまう」という不安を抱えながら進行することになり、「どこかで大きな盛り上がりをつくりたい」と考えていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  2. 2

    公民権停止もあるぞ 桜を見る会中止で疑惑モミ消しの悪質

  3. 3

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  4. 4

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  5. 5

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  6. 6

    鈴木・美馬・福田を過大評価…凶作FAに大枚はたく球界の愚

  7. 7

    首相主催の桜を見る会 よく税金で盛大な宴会なぞできるよ

  8. 8

    櫻井翔ありきで半月早まった「紅白歌合戦」司会発表の裏側

  9. 9

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  10. 10

    妊娠・出産を乗り越え弁護士に…宣誓式で判事が粋な計らい

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る