小西美穂
著者のコラム一覧
小西美穂キャスター

1969年、兵庫県生まれ。92年、関西学院大文学部を卒業し読売テレビ入社。01年からロンドン特派員となり、06年に日本テレビ入社。報道キャスターとして討論番組の司会を数多く務める。現在、夕方の「news every.」キャスター。著書に「3秒で心をつかみ 10分で信頼させる 聞き方・話し方」「小西美穂の七転び八起き」がある。

<5>青木功さんの“爪の秘密”から学んだジェスチャーサイン

公開日: 更新日:

 お互いを理解するためのお酒の席などで、いまひとつ会話が盛り上がらないことってありますよね? そんなときは、もしかしたら、相手のサインを見逃しているかもしれません。

 私は会話を盛り上げたいときには、「ジェスチャー付きの話」をスルーしないよう心掛けています。身ぶり手ぶりで説明するのは、相手が本当に言いたいことです。そこを拾い上げると話が弾み、相手との関係性もグッと良くなるはずです。

 ゴルフ界のレジェンド、青木功さんと対談したときのことです。経験豊富な青木さんの言葉は、どれも奥が深く、試合の裏話も満載でした。

 ただ、限られた時間でいろんな質問をするためには、次から次へと話題を変えていかなければなりませんでした。そのため「このままでは中途半端に終わってしまう」という不安を抱えながら進行することになり、「どこかで大きな盛り上がりをつくりたい」と考えていました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  5. 5

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  10. 10

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

もっと見る