小西美穂
著者のコラム一覧
小西美穂キャスター

1969年、兵庫県生まれ。92年、関西学院大文学部を卒業し読売テレビ入社。01年からロンドン特派員となり、06年に日本テレビ入社。報道キャスターとして討論番組の司会を数多く務める。現在、夕方の「news every.」キャスター。著書に「3秒で心をつかみ 10分で信頼させる 聞き方・話し方」「小西美穂の七転び八起き」がある。

<1>仕事での“むちゃぶり”はむしろチャンスと受け止める

公開日: 更新日:

 はじめまして。日本テレビの小西美穂と申します。初回は私の痛烈なキャスターデビューから学んだことを紹介します。

 2005年2月、政治部記者として邁進していたある夜、部長と構成作家さんに呼び出され、「夕方の報道番組で新しく討論コーナーをつくるんだけど、あなたに『女版・田原総一朗』をやってほしいんだよ」と告げられました。

 当時、私は35歳。大阪から出てきた現場の一記者でした。アナウンサーやキャスターの専門教育を受けたこともありません。想定外のオファーでした。

「関西人のツッコミをやるくらいの気持ちで、素の自分でやればいいから。大丈夫、大丈夫」

 そんな2人の言葉を真に受けた私は、本当にその通りに、素直な質問をゲストにぶつけていきました。政治家だろうが、著名な評論家だろうが、お構いなし。「それって、どういうことですか?」「その説明だと一般の人にはわかりません」と、納得いくまでズバズバと切り返したのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  4. 4

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  9. 9

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る