宮崎紘一
著者のコラム一覧
宮崎紘一ゴルフジャーナリスト

男子プロツアー改革は大停滞 令和はゴルフ離れ急加速危機

公開日: 更新日:

 平成が終わり、5月1日から新元号令和が始まった。

 ゴルフ界にとって、平成は「喪失の30年間」だったと断言するのは、前日本ゴルフツアー機構(JGTO)副会長で、現在は公益社団法人ゴルフ緑化促進会理事長を務める大西久光氏(82)だ。

 平成のゴルフ業界はバブルを経て「天国から地獄へ急降下」の時代だと大西氏は指摘する。その大きな原因となるのが度重なる消費税の導入だ。

 平成元(1989)年4月の3%、続いて平成9年(97)年4月の5%、さらに平成26(2014)年4月の8%と税率が上がるたびにゴルフ界はその影響を受けてきた。

 平成元年には消費税導入の緩和策として娯楽施設利用税が撤廃された。ところがゴルフだけが除外され、ゴルフ場利用税という名前にすり替えられ、消費税との二重課税がダブルパンチとなって業界やゴルファーに襲いかかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  2. 2

    非ジャニオタも取り込んだSnow Man 初動90万枚突破の秘訣

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  5. 5

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  6. 6

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  7. 7

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  8. 8

    堺雅人が育メンでやっと充実オフ「半沢直樹」の“役落とし”

  9. 9

    新庄剛志が「あんまり今お金ない」発言…では何を生業に?

  10. 10

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

もっと見る