前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

公開日: 更新日:

 男子ツアーの人気低迷が止まらない。2019年の日程は前年より1試合減少し、国内開催は23試合になる。同時にギャラリー数、テレビ視聴率は低下する一方で、歯止めがかからない。内情をよく知る日本ゴルフツアー機構(JGTO)前副会長の大西久光氏に話を聞いた。

 ◇  ◇  ◇

 ――昨年12月に、今季男子ツアー日程が発表されました。1試合(ISPSハンダマッチプレー、レオパレスミャンマーオープンが中止、ZOZOチャンピオンシップが新設)もなくなって、低迷に歯止めがかかりません。国内競技で最高賞金額のISPSハンダマッチプレーがなくなったのは、周囲が考える以上に男子ツアーにとってダメージが大きいと思います。私がJGTO副会長時代に考えていた構想が大きく崩れてしまいました。

 ――マッチプレー1試合だけで、2億3000万円の賞金が消えたわけですからね。マスコミはまったく報じませんが、企業だったら大損害を与えたことでトップの責任が問われます。退任になってもおかしくない。でも、青木会長に何のとがめもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  5. 5

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  6. 6

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    渡辺GM語る 浅村・雄星移籍で「チームまとまる」の根拠

もっと見る