前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

公開日: 更新日:

 男子ツアーの人気低迷が止まらない。2019年の日程は前年より1試合減少し、国内開催は23試合になる。同時にギャラリー数、テレビ視聴率は低下する一方で、歯止めがかからない。内情をよく知る日本ゴルフツアー機構(JGTO)前副会長の大西久光氏に話を聞いた。

 ◇  ◇  ◇

 ――昨年12月に、今季男子ツアー日程が発表されました。1試合(ISPSハンダマッチプレー、レオパレスミャンマーオープンが中止、ZOZOチャンピオンシップが新設)もなくなって、低迷に歯止めがかかりません。国内競技で最高賞金額のISPSハンダマッチプレーがなくなったのは、周囲が考える以上に男子ツアーにとってダメージが大きいと思います。私がJGTO副会長時代に考えていた構想が大きく崩れてしまいました。

 ――マッチプレー1試合だけで、2億3000万円の賞金が消えたわけですからね。マスコミはまったく報じませんが、企業だったら大損害を与えたことでトップの責任が問われます。退任になってもおかしくない。でも、青木会長に何のとがめもない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  3. 3

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  4. 4

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  8. 8

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  9. 9

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  10. 10

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

もっと見る