小沢コージ
著者のコラム一覧
小沢コージ自動車ジャーナリスト

雑誌、web、ラジオ、テレビなどで活躍中の自動車ジャーナリスト。『NAVI』編集部で鍛え、『SPA!』で育ち、現在『ベストカー』『webCG』『日経電子版』『週刊プレイボーイ』『CAR SENSOR EDGE』『MONOMAX』『carview』など連載多数。TBSラジオ『週刊自動車批評 小沢コージのカーグルメ』パーソナリティー。著書に『クルマ界のすごい12人』(新潮新書)、『車の運転が怖い人のためのドライブ上達読本』(宝島社)、『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた 27人のトビウオジャパン』(集英社)など。愛車はBMWミニとホンダN-BOXと、一時ロールスロイス。趣味はサッカーとスキーとテニス。横浜市出身。

日産リーフe+に一週間乗って見えてきたEV生活へのハードル

公開日: 更新日:

日産リーフ e+(メーカー希望小売価格 416万2320円~・税込み)

 トヨタが新たにスバルと組んで専用プラットフォームを開発するなど、ますます本格化する日本のEV(電気自動車)。ある意味その元祖の2代目日産リーフの電池増し増しバージョン、リーフe+を一週間借りてみた。そこで明らかになったのは、EVは総合力でガソリン車を上回らないとなんだかんだで積極的には欲しくならない事実だ。

 電池搭載量がノーマル車の40kWhから62kWhに増えているのは確かに凄い。航続距離は使い方にもよるが、小沢が借りた時点でのメーター表示は377km。大抵のところは行けるが、初日東京から千葉県木更津まで100km弱往復したら残電力量が半分ちょいになってしまった。軽自動車でも燃料はそこまで減らないのに。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  9. 9

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  10. 10

    あの落合でも叶わず…プロ野球初「4割打者」は誕生するか

もっと見る