今夏流行アイテム「ノンアイロンシャツ」は“W&W性”で選ぶ

公開日: 更新日:

 まもなく夏本番。ジャケットを羽織らずにワイシャツ一枚で過ごす機会が増える。そこで気になるのがシャツのシワ。パリッとしているかどうか、周囲は身だしなみをチェックしているものだが、アイロンがけは面倒だ。紳士服チェーン「はるやま商事」の調査でも、嫌いな家事の2位は「アイロンがけ」だった。

 そこで、この夏は各社が競うようにノンアイロンシャツを発売している。洗濯後のシワを抑える形態安定性を備えたシャツだ。防シワ性を高める薬品につけた繊維で作られているという。洗濯後は伸ばして干すだけでオーケー。アイロンをかけたような状態で乾くという優れものだ。

 購入する際のポイントは形態安定性(W&W性/ウオッシュ&ウエア性)の表示。数字(等級)が大きいほどシワになりにくい。最高水準は5級だから、選ぶ際の参考にするといい。


 素材もいろいろで、昔は防シワ・速乾に優れた素材といえばポリエステルだったが、たとえばユニクロの「スーパーノンアイロンシャツ」(2990円~)は4級。コットン100%なのにシワになりにくい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  10. 10

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る