国家公務員にボーナス支給 平均額89万9340円で7年連続増加

公開日: 更新日:

 28日、全国の国家公務員に一斉にボーナスが支給された。

 人事院の資料によると一般職の平均支給率は2.225カ月分。人事院発表の資料では、公務員給与(一般職)の平均は43.1歳で40万4198円だから、平均支給額は89万9340円。7年連続の増加となる。

 政府は年金財源が足りないと、今年10月から消費税を10%に引き上げることを閣議決定している。金融庁はそれでも「年金だけでは足りないから2000万円貯めておけ」という報告書を公表した。それだけ財政が苦しいはずなのに、公務員と政治家は7年連続のボーナス増という好待遇である。

 税金や年金を合わせた支払額が所得に占める割合である国民負担率は、2019年には42.8%(財務省)に達し、3割強の米国と比較してもかなり高い。安倍政権はその金を“お友達”の大企業や公務員ボーナスに大盤振る舞いしているわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  10. 10

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る