トヨタ株主総会 役員賞与増額提案も管理職はボーナス減額

公開日: 更新日:

 トヨタ自動車は13日、愛知県豊田市の本社で株主総会を開催。豊田章男社長は、日本企業で初めて売上高30兆円を超えた2019年3月期の業績を報告する。その上で社外を除く取締役6人の賞与総額について、前年を2.7%上回る12億5700万円を提案。好業績を踏まえ、1人当たりの平均額を2億950万円(前年2億400万円)に引き上げることに理解を求める。また、賞与を含む取締役報酬総額の上限を現在の年40億円から70億円に引き上げる方針だ。

 一方、13日の読売新聞によれば、同社は管理職約9800人の今年夏のボーナスを、役職に応じて平均で4~5%程度減額するという。自動運転や電気自動車の開発競争の激化を受け、管理職に危機感を共有させる狙いだそうだが、同じボーナスでも役員は増額、中間管理職は減額とは、これいかに?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  7. 7

    東京都コロナ療養者が急増 最も深刻「ステージ4」に突入

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    コロナ禍でも「役員報酬1億円以上」これが上位101人リスト

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る