工藤広伸
著者のコラム一覧
工藤広伸介護作家・ブロガー

1972年生まれ。既婚。介護ブログ「40歳からの遠距離介護」を執筆中。40歳で祖母と母のダブル介護。2度の介護離職を経験。著書に「認知症介護で倒れないための55の心得」(廣済堂出版)など。最新著の「ムリなくできる親の介護」(日本実業出版社)が絶賛発売中。

ネット予約で新幹線代を節約して介護費の負担を軽減する

公開日: 更新日:

 航空会社が提供している介護割引を利用する方法もある。こちらは当日予約でも利用できるので、急な帰省でも便利だ。他にもLCCを利用する手もある。

「交通費はかける意味があります。私は、交通費=医療費(介護施設費相当)と考えています。それは施設に入れるより、認知症の進行が確実に遅れていると思っているから。というのも、息子が帰ってくれば、会話も増えますし、料理を作らないといけない、洗濯も掃除もしないといけないと生活にやりがいを感じ、これが一番の薬になるからにほかなりません。交通費をかけて通うことで、いずれはお世話になる介護施設に入居する時期を遅らせているとすれば、月12万円ほどかかる施設費が、わずか月3万6000円程度で済んでいるという発想です」=つづく

(構成=中森勇人)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また五輪“特権扱い” サーフィン会場でドンチャン騒ぎ容認

  2. 2

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  3. 3

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  4. 4

    「最高のオバハン」大地真央の驚異の若さと気になる夫婦仲

  5. 5

    海外プレス入国申請コピペ証拠入手 丸川大臣ドヤ顔否定

  6. 6

    鈴木亮平の勝負は日曜劇場…「ドラゴン桜」と薄い毒が懸案

  7. 7

    菅政権ブチ上げ「五輪期間テレワーク」計画に怒りの声噴出

  8. 8

    キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

  9. 9

    ビートたけしが菅政権に大苦言「五輪強行は晩年の日本兵」

  10. 10

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

もっと見る