米山隆一
著者のコラム一覧
米山隆一前新潟県知事・医師・弁護士

1967年、新潟県生まれ。東大医学部卒業。97年司法試験合格。医師として働くとともに、2011年から弁護士として活動。16年10月~18年4月、新潟県知事。現在は弁護士法人おおたか総合法律事務所の代表弁護士を務める。

【Q】私だけが介護で苦労しています。相続で報われるのか

公開日: 更新日:

【A】原則は「均等」ですが…

 今回は「相続と親の介護」についてお話しします。

 言わずもがなですが、相続の多くは死んだ親の遺産を、子供の兄弟姉妹間で遺産を分けるという形で行われます。特に遺言がなければ、相続割合は原則均等ですから、相続が始まるまで多くの方は「相続といっても、均等に分けるだけでしょ? うちは兄弟姉妹の仲が良いから大丈夫」と思っています。ところが、いざ相続が始まってみると、仲の良かった兄弟が、いわゆる「争族」状態になることが決してまれでなく、その理由のひとつが、「介護」なのです。

 先ほど、相続は原則均等と書きましたが、民法にはこの原則を修正する条項がいくつかあり、そのひとつが、民法904条の2「寄与分」で、相続人(兄弟姉妹)の中に、被相続人(親)に対し、①その事業について労務を提供した②財産を給付した③療養看護をした④その他のことによって、被相続人の財産の維持・増加に「特別の寄与」をした者がいる場合は、その寄与分は相続財産から差し引き、その相続人に与えると定めています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  7. 7

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  10. 10

    原監督の隣で評価上げる“参謀”巨人・元木ヘッドの万能ぶり

もっと見る