猪羽恵一
著者のコラム一覧
猪羽恵一本郷美術骨董館 副代表

本郷美術骨董館・副代表。国内外の美術品・骨董品を取り扱う業界の最大手。全国各地で鑑定会を行っている。専門分野は絵画。

最近オークションで見かけるマンガは美術品になり得るのか

公開日: 更新日:

 最近、美術品オークションでマンガの原画や版画を見かけるようになった。今年5月のシンワアートオークションでは、MANGA特集があり、60点くらいが出品され、最高額は、手塚治虫の水彩画で880万円だった。

 従来このジャンルは、古書業界が担っていた。それが美術品オークションに登場した背景には、購入世代の変化、既存の日本美術の相場下落、国際的な評価の高さなどがあるのだろう。また先の手塚作品880万円という落札額は、ほかの日本の美術品と比べても、かなり高額な部類になる。一方で国際的な相場で見れば、日本でマンガの神様といわれる手塚治虫の原画が、10万ドル以下というのは、高くないという感覚もあるだろう。次世代にはもっと評価されてもおかしくないジャンルだ。

 戦後の美術史を見ても、60年代の具体美術、70年代のモノ派、80~90年代は「?」となり、2000年に入り、J―ポップアートとなる。では80~90年代の「?」を埋めるものはといえば、マンガとアニメではないかと思う。ただ、商品としてマンガを美術品同様に扱うにはさまざまな壁がある。それは次回に書きたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  2. 2

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  3. 3

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  4. 4

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  5. 5

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  6. 6

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  7. 7

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  8. 8

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    歌も踊りもやらないジャニー氏が踊るように指示できた理由

もっと見る