猪羽恵一
著者のコラム一覧
猪羽恵一本郷美術骨董館 副代表

本郷美術骨董館・副代表。国内外の美術品・骨董品を取り扱う業界の最大手。全国各地で鑑定会を行っている。専門分野は絵画。

怖い怖い…「不用品買い取ります」の巧妙で悪質な手口

公開日: 更新日:

 同居していた父親が亡くなり、四十九日を終えた花子(63歳)は、相続の手続きや遺産のもめごとから、しばらく解放されて一段落していた。しかし、お昼寝もままならない。日中は相変わらず電話が鳴り響く。「0120」は出ないようにしていたが、「080」からだと、一応出てみる。用件がわかれば撃退法は心得ている。オレオレ詐偽も大丈夫だ。だけど一度やってしまった。

 出た電話は「不用品買い取ります」「例えば、パソコン買います」だった。「いえ結構です」と答えていたが、「タンス買うか、引き取ります」と言われ、心が揺らいだ。父親が使っていたタンスの処分を考えていたからだ。業者を呼ぼうにも、どこに連絡すれば安全なのか分からない。子供たちは独立して遠くにいる。夫と2人だけでタンスを運び出し、レンタカーに積むことも難儀だ。

 そんな時、「買い取ります」とか「見積もり無料」と聞いて、つい家に呼び込んでしまった。若い男2人がやって来た。「これは無理、引き取れないっすよ」で終わればよかったのだが、「今日、ほかの仕事、断って来たんですけど、何か売ってもらわないと困るんですよね」と言い始めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  7. 7

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  8. 8

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  9. 9

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  10. 10

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る