格差広げる中高一貫校 子供の未来は12歳で決まってしまう

公開日: 更新日:

 東大クイズ王として女子中高生に大人気の伊沢拓司さん(25)、テレビで大活躍の林修先生(54)。この2人に共通しているのは、その博識ばかりではない。伊沢さんは開成、林先生は東海という名門の中高一貫校で学んできたことだ。

  ◇  ◇  ◇

 中卒(高等小卒)の本田宗一郎さんが生前にこう語っていた。

「最後まで諦めなかった人間が成功しているのである。長い人生の中で、そのための一年や二年の遅れはモノの数ではない」

 学問も同様で学ぶ年齢に早い遅いはないはず……。そう信じてみたいところだが、今の日本の現実は、小学校を卒業する12歳の段階で、ある程度の道筋が出来上がってしまうようだ。

■全国に595校まで急増

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  4. 4

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  5. 5

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  6. 6

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  7. 7

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  8. 8

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  9. 9

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  10. 10

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る