赤江アナも陽性…巣ごもり列島を襲う家庭内感染爆発の恐怖

公開日: 更新日:

 すると、一気に家庭内感染が拡大した。感染者は1日当たり数十人から数百人に急増。この時期のクラスター感染の約8割は、家庭内感染だったという。イタリアの感染拡大も軽症者の自宅療養が大きな原因だった。

 とくに夕食時の家族だんらんで感染するケースが多いという。話をしながら咀嚼するので、細かい唾液が飛び交い、飛沫感染を引き起こすというのだ。

 医療ガバナンス研究所理事長の上昌広氏が言う。

「家族ですから、当然、接触は多い。現在、休校や休業、テレワークなど家族揃って長時間、家にいることが多くなっています。問題は、感染したことに気づかないまま家族と接してしまうことです」

 日本ではPCR検査の実施件数が極めて少ない。よほど症状がひどくないと検査してもらえない。このため、隠れ陽性者がワンサカいる。もし、家族に隠れ陽性者がいた場合、自粛要請を守って家にいればいるほど、感染リスクは高まってしまう。せっかく、感染しないように外出を控えたのに、家で感染したら本末転倒だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る