日本「GoTo」4事業なぜ強行?“第1波”対策失敗を専門家指摘

公開日: 更新日:

「トラベル」「イート」「イベント」「商店街」――。10月から4つの「Go To」が出揃う。菅政権は経済の活性化に必死なのだろうが、気温が低下するこのタイミングでの実施には、さすがに「大丈夫か」と不安の声が上がっている。

 実際、隣国の韓国と比べても、日本政府はかなり楽観的だ。韓国は、少しでも感染拡大の兆候が見えたら、すかさず引き締め策を打ち出している。韓国では27日国内の新規感染者が95人確認された。前日から34人増加し、首都圏の福祉施設などでクラスターが発生した。28日から2週間「特別防疫期間」に入り、レストランや映画館などの防疫規則を強化する。

 人口1億2581万人の日本では27日の新規感染者は485人。累計の感染者数は8万2000人を超えている。人口5127万人の韓国の累計患者数は2万3000人超。人口比率を考慮しても、日本の感染者数は大幅に上回っている状況なのだ。医療ガバナンス研究所理事長の上昌広氏が言う。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    リンパマッサージを口実に女性の体をもてあそんだ悪徳カウンセラーの“卑劣な手口”

    リンパマッサージを口実に女性の体をもてあそんだ悪徳カウンセラーの“卑劣な手口”

  2. 2
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  3. 3
    <76>早貴被告が「2億円をもらえれば東京に帰ります」「喪主?何ですか?」

    <76>早貴被告が「2億円をもらえれば東京に帰ります」「喪主?何ですか?」

  4. 4
    体操女子エース候補・畠田瞳が大ケガ離脱…村上茉愛やめるにやめられない?

    体操女子エース候補・畠田瞳が大ケガ離脱…村上茉愛やめるにやめられない?

  5. 5
    異色バラエティー「博士ちゃん」人気を後押しした“愛菜ちゃん×福くん”3年ぶり共演

    異色バラエティー「博士ちゃん」人気を後押しした“愛菜ちゃん×福くん”3年ぶり共演

もっと見る

  1. 6
    V逸巨人の投壊現象は首脳陣と投手陣のコミュニケーション不足が招いた

    V逸巨人の投壊現象は首脳陣と投手陣のコミュニケーション不足が招いた

  2. 7
    子象を救うため親象が巨大ワニを踏み潰す! ザンビアでデンマーク人が衝撃の目撃

    子象を救うため親象が巨大ワニを踏み潰す! ザンビアでデンマーク人が衝撃の目撃

  3. 8
    英国で秋田犬をめぐる悲劇…飼い主死亡、1人が両足切断した原因はバクテリア感染だった

    英国で秋田犬をめぐる悲劇…飼い主死亡、1人が両足切断した原因はバクテリア感染だった

  4. 9
    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  5. 10
    関西臭プンプン漂う朝のローカル番組をチェックした!

    関西臭プンプン漂う朝のローカル番組をチェックした!