高速「周遊パス」もGoTo対象に NEXCO3社の適用プラン一覧

公開日: 更新日:

「Go To トラベルキャンペーン」開始から2カ月。基本的に「宿泊+交通」(電車や飛行機)などのパックツアーが対象で、これまで高速道路料金は対象外だった。しかし、9月18日からは宿泊を条件に全国のNEXCOなどが販売する「周遊パス」の高速料金も35%安くなる。そこで、利用法を学んでおきたい。

 ◇  ◇  ◇

 ドライブと宿泊のセットがGo To トラベルの対象になったことで、公共交通機関を使うのは心配という人もマイカーを使ってお得に旅行を楽しめるようになる。

 これは、予約サイト「STAYNAVI(ステイナビ)」と高速道路各社(NEXCO東日本、同中日本、同西日本、阪神高速など)が始めたプラン。高速道路が定額で乗り放題になる「ETC周遊パス」と「宿泊予約」を組み合わせたもので、21年2月1日利用終了分までが対象だ。あくまで「周遊パス」が対象で、通常の高速代が安くなるわけではないから悪しからず。

 この周遊パスとは、連続する2~4日間、対象エリア内の高速道路が定額で乗り降り自由になるというもの。ETCを搭載している普通車・軽自動車であることが前提で、ステイナビが提携するGo To トラベル事業の宿泊施設を選ぶのが必須だ。

「ステイナビ」での予約の手順

 今回は、夫婦2人で車で京都の清水寺と金閣寺を見て、姫路城を目指す1泊2日のドライブ旅を考える。

 予約の手順は、まず、ステイナビの公式HPに入り、会員登録をすること。そこに宿泊先の予約情報を登録する欄があり、記入すればクーポン番号が通知される。次に旅行を予定しているエリアの高速道路会社のHPを検索する。

 京都なので関西エリアのプランを発売するNEXCO西日本の公式HPのホーム画面から、「観光・イベント情報」のタグをクリック。さらに「みち旅」のバナーをクリックすると「Go To トラベルキャンペーン対象 高速道路周遊パス」のページにたどり着く。

 このページ内で「みち旅」の「京都・兵庫乗り放題プラン(2日間)」を選択。申込時に、先ほどの「ステイナビのクーポン番号」の入力が求められる。

 そして申し込みが完了すると宿泊・高速の両方の情報が反映された新しいクーポンが通知される。この新しいクーポンは印刷し旅行に持参するのを忘れずに。宿泊先で提示すれば、その場で合算額に応じた地域共通クーポン(10月1日以降)を発行してもらえるからだ。

「京都・兵庫乗り放題プラン(2日間)」は普通車3900円

 決済の仕組みはどうなっているのか?

「宿泊はGo To トラベルの対象施設から選ぶわけですから、割引後の料金で予約できます。『ETC高速道路周遊パス』は、旅行前に当社の公式HPで、ステイナビの宿と同じクーポン番号を入力しているので、ここでひもづけができます。ETCは後日請求ですが、割引価格で引き落としされます」(NEXCO西日本広報担当者)

「京都・兵庫乗り放題プラン(2日間)」は普通車6000円(別表参照)。仮に2万円のホテルに泊まると、割引によって、宿泊は1万3000円、高速料金は3900円の合計1万6900円となる。でも、これは申請者の支払額だ。

「車は1台計算になるので、申請者さまは周遊パスとの合算になります。同乗者の方々は高速料金が“不要”なので、宿泊のみの適用になります」(ステイナビ担当者)

 NEXCO中日本では、Go To専用の7つの「速旅」プランを作成した。価格帯は2日間で、割引価格は普通車ですべてのコース5980円。湘南から富士山をドライブしても、金沢から飛騨高山を走っても同じだ。

 NEXCO西日本では2日間のプランと3~4日間のプランを用意した。

「県を限ったものよりも、九州乗り放題プラン(3~4日間)のように日程が長く、広い範囲を対象にしている方が割引率ではお得かもしれません。実家や知り合いの家に寄るときに利用いただくのもいいですね」(広報担当者)

 別表の通り、ほかに北海道、東北、そして関東圏を網羅したNEXCO東日本「ドラぷら」や「阪神高速周遊パス」でも利用できる。

「ドラぷら」の「栃木・茨城周遊パス(2日間)」は普通車3900円。小さな子供がいる家族なら、マイカー旅行の選択肢が増えて助かる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  6. 6

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  7. 7

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  8. 8

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  9. 9

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  10. 10

    転落に巻き添えで女子大生死亡…遺族は補償を受けられるか

もっと見る