熊谷聖司
著者のコラム一覧
熊谷聖司デジタルデータソリューション株式会社代表取締役

1976年生まれ。2000年デジタルデータソリューション株式会社入社。03年役員に就任。04年データ復旧事業を立ち上げ。07年以降、国内データ復旧市場で日本一の実績。14年同社代表取締役に就任。

デジタル遺品に困る家族…スマホを“開かずの金庫”にしない

公開日: 更新日:

 自身の死と向き合い、自分らしく最期を迎えるための準備を「終活」といい、最近ではメディアで取りあげられる機会も増えています。「デジタル遺品」もまた、終活を行うときに忘れてはいけません。

「デジタル遺品? 聞いたことはあるけれど……」

 そのように思う方もいらっしゃるでしょう。「デジタル遺品」とは、故人が残したスマホ・パソコンなどのデジタル機器に保存されている写真や動画、ネットバンクの口座といった情報資産のことを指します。遺品となったスマホの実情を知らないと、写真や動画といった故人との大切な思い出を失うだけではなく、場合によっては遺族が経済的に不利益を被る事態も生じかねません。

 これまで中高年は、ネットバンクなどに消極的で、中には「タンス預金が一番安全だ」といった方も少なくありませんでした。しかし近年では40代以上の中高年の世代にも広くスマホが普及したことにより、これまでと比較してネットバンクやネット証券を利用する人も増えています。つまり、家族が知らないところで、祖父母や両親がスマホでお金の管理をする時代となったのです。スマホで資産管理ができるのは、普段は非常に便利なことです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る