持続化給付金で虚偽申請「受け取ったお金返したい」殺到中

公開日: 更新日:

「同業者から『売り上げを前年の5割減にしておけば持続化給付金100万円が出る。みんなやっているから大丈夫だ』と誘われ、ネットで申請したら1週間後に100万円が振り込まれてきました。でも今は心配で――」

 こう不安げに話すのは、都内で飲食店を経営するオーナー(55)。さらに話を聞くと、「確かにコロナの影響で売り上げは減りましたが、前年の5割までは減らなかった。昨年3月は約350万円でしたが、申請した今年の3月の売り上げはその約4割の140万円で提出してしまいました。今は振り込まれた100万円を返還しなければと悩んでいます」。

 新型コロナウイルスの影響で売り上げが減少した中小企業や個人事業主に支給される国の持続化給付金は10月19日までに360万件、約4・7兆円に上った。この1週間で約6万件、1000億円のペースで急増中だ。その一方、売り上げの虚偽申請による不正需給が急増、詐欺罪での逮捕者が全国に広がっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る