髙橋裕樹
著者のコラム一覧
髙橋裕樹弁護士

「すべては依頼者の笑顔のために」がモットー。3000件を超す法律相談実績を持ち、相続や離婚といった身近な法律問題から刑事事件、企業法務まで何でもこなすオールマイティーな“戦う弁護士”。裁判員裁判4連続無罪の偉業を成し遂げた実績を持つ。アトム市川船橋法律事務所。

コロナより多い自殺者数 弁護士も増加要因つくっている?

公開日: 更新日:

 今年は著名な芸能人の方の自殺報道が多く取り沙汰された1年だったと思います。

 弁護士の仕事にとって自殺は「身近なもの」かもしれません。依頼者やその家族が自殺することもありますし、一家心中・無理心中がきっかけとなった刑事事件、借家や線路で自殺したことによる損害賠償、自殺をきっかけにした相続など、枚挙にいとまがありません。

 他国に比べて、日本の自殺者数が多いことは公知の事実だとは思いますが、コロナ禍を受けて、さらに自殺者数が増加しているようです。

 先日、厚生労働省が「令和2年版自殺対策白書」を発表し、これを受けて「コロナの死者よりも多い自殺者数に海外メディアが驚愕」という題名のネットニュースが話題になりました。来年の自殺白書には、よりシリアスな統計が載るのではないかと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る