吉村知事「感染拡大抑えられている」謎の強気に府民が激怒

公開日: 更新日:

 そこまでヤバイと分かっているなら、1都3県と足並みを揃えて「緊急事態宣言」の発令を要請してもよさそうだが、番組内でも「大阪は感染の急拡大をなんとか抑えている」「国に(発令を)要請する状況にない」の一点張り。しかし、足元の数字はガタガタだ。

■大阪府の重症者数は過去最多

 大阪の新規感染者数は先月29日から今月3日まで250~310人程度を推移。4日の感染者数も286人と、高止まりの傾向が続いている。

 重症者数は過去最多の171人に上り、すぐに使える病床の使用率は82・2%。昨年9月に吉村知事が今月をメドに打ち出した「1日最大2万件」の検査拡大も、1日1万件にすら届いていない。今月に入ってから、1日1800~2300件程度というありさまだ。

 医療体制はギリギリなのに検査拡大はノロノロ――。こんな惨状なのに、よくぞ「感染拡大は抑えられている」と強弁したものだ。案の定、吉村知事のツイッターには、〈緊急事態考えてほしい〉〈きちんと検査やりつくしてから大阪は拡大止まってると言っていただきたい〉などのツッコミが続出している。ジャーナリストの横田一氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  2. 2

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  9. 9

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る